「第71回プラハの春国際音楽祭」が素晴らしい!

001

 

日本に春!プラハにも春!です。

5月12日から6月4日まで、「第71回プラハの春国際音楽祭」の開幕です。

ご存知のように、5月12日はチェコの偉大な作曲家・スメタナの命日。

毎年この日から、プラハの市民会館「スメタナ・ホール」で、
スメタナ作曲の「わが祖国」の演奏で開幕されます。

話題の「わが祖国」の今年の指揮者は、エストニア出身のパーヴォ・ヤルヴィ。

演奏は、チェコフィルハーモニー管弦楽団。最高のコンサートになるでしょう。

この演奏会を皮切りに、プラハ市内の17の館サーとホールで、
世界23カ国からの最高の演奏家、オーケストラ、室内楽団たちが、
その音色とハーモニーと深い感動を贈ってくれます。

この平和が、末永く続きますように!

詳しくは、www.festival.cz で。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です